nbty

注意すべき点と家族の方とのコミュニケーション

nbty

訪問看護での入浴は、訪問看護師未経験の場合、
仕事を行う際には注意が必要となります。

訪問看護で入浴を利用する方の多くは、自力での入浴が難しく、
看護師のみで入浴を介助しなくてはなりません。

 

訪問先の住宅が、バリアフリーの設計となっているとは限りませんし、
浴槽も一般的な場合が多く、
手すりなどが設置されていないという事も多くあります。

ですので、滑ったり溺れたりといったことが無いように、
利用者様の姿勢を維持することに注意を払わなくてはなりません。

 

また、利用者様の状態によっては、
入浴中の血圧・心拍数の管理といったことも
しっかりと行う必要がありますよ。

病院とは異なり、利用者様の自宅には
簡易的な医療機器しか持ち込めませんよね。
ですので、こまめに血圧や心拍数の測定を行うことを心掛けなくてはなりません。

 

訪問看護未経験の場合、利用者様の家族の方と
コミュニケーションをとることを心がけて、
それを習慣づけていくということが大切になります。

病棟とは異なり、利用者様の家族の方と頻繁に会話を交わし、
家族の方の手を借りることもありますよ。

 

挨拶はもちろんのこと、利用者様の状態や状況の報告を行ったり、
前回の訪問時と比較してみて容態の変化はどうかという事についても、
なるべく詳しい情報を伝えていく事が大切になります。