訪問看護師の仕事内容

jhugft

最近は、在宅で療養生活を送る患者さんのために、
訪問看護ステーションが多くできているんですね。

その訪問看護ステーションから派遣される訪問看護師は、
在宅で療養されている利用者様にとって、必要不可欠な存在なんです。

 

在宅療養が必要となる患者さんだけではなく、
病院で夜勤を行うことが難しい看護師にとっても、
必要となる職場と言えますよね。

この訪問看護師の役割として、在宅療養を行う利用者様が
安心して療養生活を送る事ができるように、
支援していくというものがあります。

 

そして、利用者様だけではなく、在宅にて介護を行っている家族の方を、
精神的に支えていくという役割もあるんですよ。

具体的には、以下のような仕事内容となります。

・利用者様の健康状態の確認
・リハビリの補助指導
・入浴
・排泄
・食事 

このようなサポートを行っていきます。

 

また、カテーテルを使用している利用者様などであれば、
カテーテルの管理も行っていきますよ。

長い間寝たきりとなっている方もおられますし、
そのような方には床ずれ防止のために体位交換を行ったり、
床ずれの処置を行う事もあります。

 

介護をしている家族の方には、
日常生活での注意点やアドバイスを行うことで、
家族の方の介護負担を軽減させるという支援も行っていきます

 

 

注意すべき点と家族の方とのコミュニケーション

nbty

訪問看護での入浴は、訪問看護師未経験の場合、
仕事を行う際には注意が必要となります。

訪問看護で入浴を利用する方の多くは、自力での入浴が難しく、
看護師のみで入浴を介助しなくてはなりません。

 

訪問先の住宅が、バリアフリーの設計となっているとは限りませんし、
浴槽も一般的な場合が多く、
手すりなどが設置されていないという事も多くあります。

ですので、滑ったり溺れたりといったことが無いように、
利用者様の姿勢を維持することに注意を払わなくてはなりません。

 

また、利用者様の状態によっては、
入浴中の血圧・心拍数の管理といったことも
しっかりと行う必要がありますよ。

病院とは異なり、利用者様の自宅には
簡易的な医療機器しか持ち込めませんよね。
ですので、こまめに血圧や心拍数の測定を行うことを心掛けなくてはなりません。

 

訪問看護未経験の場合、利用者様の家族の方と
コミュニケーションをとることを心がけて、
それを習慣づけていくということが大切になります。

病棟とは異なり、利用者様の家族の方と頻繁に会話を交わし、
家族の方の手を借りることもありますよ。

 

挨拶はもちろんのこと、利用者様の状態や状況の報告を行ったり、
前回の訪問時と比較してみて容態の変化はどうかという事についても、
なるべく詳しい情報を伝えていく事が大切になります。

 

 

夜勤が無く、社会貢献度が高い仕事

mjhuytfr

「看護師といえば病院勤務」というのが、
一般的なイメージだと思います。

ですが、最近では訪問看護師に転職している看護師も多いんですよ。
転職の理由としては、

・夜勤が無いから
・利用者様一人ひとりとじっくり向き合えるから
・認知症ケアやターミナルケアに携われるから 

というようなものが挙げられます。

 

夜勤については、看護師として働く方の中には、
家庭の事情で夜勤が難しい人もいますよね。
訪問看護の仕事は主に日中ですので、夜勤をせずに働く事が出来ますよ。

病棟勤務では一人の患者さんとじっくり向き合う時間がなかった
という看護師は多いと思います。

 

ですが、訪問看護であれば、直接利用者様の自宅に向かい、
様々な支援を行っていく事になりますので、
じっくりと利用者様と向き合って仕事をすることが出来るんですね。

ターミナルケアや認知症ケアに関しては、
特に今後は必要とされる仕事でもあります。

 

今の社会の状況としては、高齢者の割合が年々増加しており、
ターミナルケアを必要とする人や、
認知症で介護を必要としている家族の方などが多くなると予想されます。

ですので、そういった意味でも、
訪問看護師はとても社会貢献度の高い分野で働くことが出来るんですね。

 

 

訪問看護師の仕事とは

fmruishet

「利用者様やその家族の方が納得のいく医療」
というものを実現していくためには、
訪問看護師は欠かせないサポート役です。

訪問件数は、余裕をもってケアしていける程度になっていますので、
じっくり利用者様と向き合って、コミュニケーションをとりながら自立への援助を促し、
快適に療養生活を送る事ができるように支援していきます。

 

また、利用者様の自宅にて療養したいという気持ちを大切にしますので、
緩和ケアを行いたいという看護師や、ターミナルケアについて関心がある
という看護師にとって、合っている職場とも言えますよ。

今後のキャリアの一つとして、
生活の場での看護というものを経験しておくことも大切です。

 

一人で全てのことに対応していく必要がありますので、
一年程度でほぼ一通りの在宅看護に関わる事が出来ます。
そして、その後は自分のスキルアップに繋がり、選択肢が広がっていきますよ。

訪問看護師は、訪問時間が決められているので、
勤務時間にも融通が利きやすくなっているんですね。

 

週に数日、一日に数時間というような働き方が出来ますので、
転職を考えている看護師には最適かもしれません。

また、利用者様の笑顔が見られたり、
体調がよくなって病状が緩和されたりした際には、自分も大きな喜びを感じ、
訪問看護師としてのやりがいを感じる事ができますよ。