訪問看護師として大切なこと

mjuyghjkl

訪問看護師として求められることになるのは、
利用者様の状態把握に努めるという事です。

そもそも訪問看護師とは、訪問診療時に医師の補助を行う場合と、
主治医の指示に従って訪問看護師だけで
医療の補助行為を行う訪問看護の2種類があります。

 

問題となるのは、訪問看護の場合なんです。
主治医が作成している訪問看護指示書や、特別訪問看護指示書に従って、
その内容通りに訪問看護を行う事になっています。

訪問看護の場合、訪問診療とは違って
看護師が一人で利用者様の自宅に訪問します

 

その利用者様の自宅の場所を把握しておかなくては、
仕事そのものができなくなってしまいますよね。
ですので、利用者様の自宅を覚えるというのも、仕事の一つなんです。

 

利用者様の自宅で訪問看護サービスを提供した際に、
訪問看護報告書を作成し主治医に提出するという事も大切です。

 

もしも早めに主治医の対応が必要だと判断した場合には、
主治医に速報するという対応も行わなくてはなりません。

主治医にすぐに連絡をし、
対応を要請するべきなのかという判断も求められるんですね。

 

このような対応を依頼する際にも、
利用者様の状態をしっかりと確認しなくてはなりません。

病院や診療所に勤務する看護師の場合には、
自らの判断をそれほど求められることがありませんので、
より観察力が必要とされる仕事なんです。

 

 

訪問看護師の仕事内容

jhugft

最近は、在宅で療養生活を送る患者さんのために、
訪問看護ステーションが多くできているんですね。

その訪問看護ステーションから派遣される訪問看護師は、
在宅で療養されている利用者様にとって、必要不可欠な存在なんです。

 

在宅療養が必要となる患者さんだけではなく、
病院で夜勤を行うことが難しい看護師にとっても、
必要となる職場と言えますよね。

この訪問看護師の役割として、在宅療養を行う利用者様が
安心して療養生活を送る事ができるように、
支援していくというものがあります。

 

そして、利用者様だけではなく、在宅にて介護を行っている家族の方を、
精神的に支えていくという役割もあるんですよ。

具体的には、以下のような仕事内容となります。

・利用者様の健康状態の確認
・リハビリの補助指導
・入浴
・排泄
・食事 

このようなサポートを行っていきます。

 

また、カテーテルを使用している利用者様などであれば、
カテーテルの管理も行っていきますよ。

長い間寝たきりとなっている方もおられますし、
そのような方には床ずれ防止のために体位交換を行ったり、
床ずれの処置を行う事もあります。

 

介護をしている家族の方には、
日常生活での注意点やアドバイスを行うことで、
家族の方の介護負担を軽減させるという支援も行っていきます

 

 

訪問看護師は未経験でも大丈夫?

nfvishudefsf

例え訪問看護師が未経験であっても、
医療現場でノウハウをしっかりと学んでいれば、
心配する必要はありません。

利用者の方の自宅に訪問し、
看護・介護が必要な方のケアを行っていく事が主な仕事となりますが、
それ以上に、家族の方とのコミュニケーションが大切となります。

 

医療現場では、医師や看護師のいるところに
患者さんが来るというのが普通ですが、

訪問看護はその患者さんのところへ自分が訪問することになりますので、
医療現場がホームならアウェイとも言えますよね。

 

また、突然の容態悪化や緊急の際に、
助けを求める人が身近に居ないという事や、
医療器具が足りないということだって有り得ます。

まわりに手伝ってくれるような看護師はいませんし、
その家の家族の方にお願いできることはお願いしなくてはなりません

 

普段はどのような生活を送っているのかを聞き取ったり、
自分が居ない時間にはどう過ごしているのかという事も
よく聞いておく必要があります。

家族の方との連絡がうまくとれないような場合、
利用者の方の危機に取り返しのつかないような事になる可能性だってありますよね。

 

一人で訪問するというのは心細い部分もあるのですが、
自分のペースで介護できるというメリットもあります

一人の利用者様にじっくりと時間をかけるので、
病状が良くなった時には自分の事のように嬉しく、
大きな喜びを感じる事が出来ますよ。

 

 

注意すべき点と家族の方とのコミュニケーション

nbty

訪問看護での入浴は、訪問看護師未経験の場合、
仕事を行う際には注意が必要となります。

訪問看護で入浴を利用する方の多くは、自力での入浴が難しく、
看護師のみで入浴を介助しなくてはなりません。

 

訪問先の住宅が、バリアフリーの設計となっているとは限りませんし、
浴槽も一般的な場合が多く、
手すりなどが設置されていないという事も多くあります。

ですので、滑ったり溺れたりといったことが無いように、
利用者様の姿勢を維持することに注意を払わなくてはなりません。

 

また、利用者様の状態によっては、
入浴中の血圧・心拍数の管理といったことも
しっかりと行う必要がありますよ。

病院とは異なり、利用者様の自宅には
簡易的な医療機器しか持ち込めませんよね。
ですので、こまめに血圧や心拍数の測定を行うことを心掛けなくてはなりません。

 

訪問看護未経験の場合、利用者様の家族の方と
コミュニケーションをとることを心がけて、
それを習慣づけていくということが大切になります。

病棟とは異なり、利用者様の家族の方と頻繁に会話を交わし、
家族の方の手を借りることもありますよ。

 

挨拶はもちろんのこと、利用者様の状態や状況の報告を行ったり、
前回の訪問時と比較してみて容態の変化はどうかという事についても、
なるべく詳しい情報を伝えていく事が大切になります。

 

 

夜勤が無く、社会貢献度が高い仕事

mjhuytfr

「看護師といえば病院勤務」というのが、
一般的なイメージだと思います。

ですが、最近では訪問看護師に転職している看護師も多いんですよ。
転職の理由としては、

・夜勤が無いから
・利用者様一人ひとりとじっくり向き合えるから
・認知症ケアやターミナルケアに携われるから 

というようなものが挙げられます。

 

夜勤については、看護師として働く方の中には、
家庭の事情で夜勤が難しい人もいますよね。
訪問看護の仕事は主に日中ですので、夜勤をせずに働く事が出来ますよ。

病棟勤務では一人の患者さんとじっくり向き合う時間がなかった
という看護師は多いと思います。

 

ですが、訪問看護であれば、直接利用者様の自宅に向かい、
様々な支援を行っていく事になりますので、
じっくりと利用者様と向き合って仕事をすることが出来るんですね。

ターミナルケアや認知症ケアに関しては、
特に今後は必要とされる仕事でもあります。

 

今の社会の状況としては、高齢者の割合が年々増加しており、
ターミナルケアを必要とする人や、
認知症で介護を必要としている家族の方などが多くなると予想されます。

ですので、そういった意味でも、
訪問看護師はとても社会貢献度の高い分野で働くことが出来るんですね。

 

 

訪問看護師の仕事とは

fmruishet

「利用者様やその家族の方が納得のいく医療」
というものを実現していくためには、
訪問看護師は欠かせないサポート役です。

訪問件数は、余裕をもってケアしていける程度になっていますので、
じっくり利用者様と向き合って、コミュニケーションをとりながら自立への援助を促し、
快適に療養生活を送る事ができるように支援していきます。

 

また、利用者様の自宅にて療養したいという気持ちを大切にしますので、
緩和ケアを行いたいという看護師や、ターミナルケアについて関心がある
という看護師にとって、合っている職場とも言えますよ。

今後のキャリアの一つとして、
生活の場での看護というものを経験しておくことも大切です。

 

一人で全てのことに対応していく必要がありますので、
一年程度でほぼ一通りの在宅看護に関わる事が出来ます。
そして、その後は自分のスキルアップに繋がり、選択肢が広がっていきますよ。

訪問看護師は、訪問時間が決められているので、
勤務時間にも融通が利きやすくなっているんですね。

 

週に数日、一日に数時間というような働き方が出来ますので、
転職を考えている看護師には最適かもしれません。

また、利用者様の笑顔が見られたり、
体調がよくなって病状が緩和されたりした際には、自分も大きな喜びを感じ、
訪問看護師としてのやりがいを感じる事ができますよ。

 

 

訪問看護師に有利となる資格は?

juyg

今は看護師として病院に勤務しているけれど、
いずれは訪問看護師の仕事がしたいという人もいますよね。

自宅療養などをしている人をケアしていくのが仕事ですが、
将来訪問看護師になるために、あると有利となる資格があります。

 

高齢者の方の自宅を訪問することが多くなりますので、
ケアマネジャーの資格があると、介護に関する調整も出来る様になります。

より住みやすい住環境を提案することが出来るように、
福祉住環境コーディネーターの資格もありますよ。
住環境にも関わりたいということであれば、あると有利になりますよね。

 

また、認知症の方のケアを行っていくための、
認知症ケア専門士も高齢者施設などで勤務したい
という場合に有利となりますよ。

タクティールケア認定者という資格もあります。
これはあまり聞きなれないと思いますが、認知症に関するものとなりますので、
同じく高齢者施設などで勤務したい場合に有利となるでしょう。

 

訪問看護師として利用者様のケアを行い、
支えていくという仕事の中で、
これらの資格を取得していなくてはならないというわけではありません。

ですが、このような資格を取得し勉強していることで、
より利用者様をサポートしやすくなりますよね。

 

仕事をしながら取得するというのはとても大変ですが、
将来訪問看護師として働きたいということであれば、
一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

訪問看護師になるならこの資格は欲しい!

nbgvtyu

訪問看護師となるには、基本的に看護師の資格が必須となり、
その資格さえあれば最低限の業務を行う事が出来ます。

介護も看護の一環としてとらえることが出来ますので、
介護も行う事が出来ますよ。

 

ですが、やはり望ましいのは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や、
ケアマネジャー、介護福祉士というような資格を取得しておくことで、

知識や技術が身につき、介護が必要となる利用者様や家族の方に
安心していただくことが出来ます。

 

自分のためにも取得しておくことをお勧めします。

このような資格を所持していると、同じ訪問看護ステーションで働く
介護士との意思疎通もスムーズになりますよ。

 

利用者様から健康相談を受けた際に役に立つ資格は、保健師です。
そして、日本看護協会から認定される認定看護師の資格があると、
転職する際にもとても役に立ちますよ。

認定看護師となるのは難しく、
看護師や保健師の免許を取得してから臨床経験が5年以上、
そのうち3年以上訪問介護の仕事を行っている看護師にのみ与えられるものなんです。

 

ですので、この認定看護師を取得する意味というのは、とても大きいんですね。
利用者様や家族の方、同僚からも一目置かれ、
訪問看護におけるプロであるという事を照明できますよ。

 

 

訪問看護ステーションお仕事事情

訪問看護ステーションでの1日のはじまり

iejbplld
訪問ナースは朝訪問看護ステーションに出勤した後、
朝礼があり、その日一日の流れの再確認を行います。

特に主治医への報告やケアマネージャーからの
ケアカンファレンスへの参加は非常に重要
であり、
出席し忘れがないように出席者のみならず
お互いが確認をしあうことがとても大切になってきます。

 

さらに、訪問時に自動車を利用する場合の
交通事故などへの注意喚起を行ったりして
朝礼は終わるのが一般的です。

その後、管理者は従業員のスケジュールの
確認等を行う一方で、転職してきた人などに対しては
訪問看護に一緒に付き添うなどして
慣れていくことなどをしっかりと見守ったりします。

 
 
 

報告書作成のデスクワークもあり

また、その他訪問ナースからの報告や
主治医への報告書のチェックなどを行っていきます。

訪問看護師はスケジュールどおりに
各利用者の自宅を訪問し、
訪問看護を提供していきます。

 

その際に気になるようなことがあれば
管理者へ速報したりあるいは帰社後に
報告書の作成において、その内容を記述したりします。

訪問看護指示書などの確認をしたりあるいは
訪問看護報告書の作成をしたりといった
デスクワークも適宜しっかりと行わなければなりません
ので、
管理者の管理監督もしっかりと行われていきます。

 
 
 

特殊な能力は不要

xgsyfng
訪問看護ステーションは、主に自宅で介護を受けている
医療依存度の高い高齢者への
定期的な看護サービスを行います。

一般的には訪問ナースが一人で定期的に
患者さんのお宅を訪問しますが、
往診の医師とともに訪問する場合もあります。

 

訪問ナースは、病院などから
転職してくる方がほとんどですが、
病院とは違って、患者さん一人一人に
長く向き合えるというメリットがあります。

病院勤務の経験があれば、訪問看護そのものに
特殊な能力が必要というわけではない
ため、
比較的スムーズに業務を始めることができます。

 
 
 

夜間の巡回もある?

主な業務はバイタルサインの測定や、
吸引を必要としている方への吸引器を用いた痰の吸引、
胃ろうや腸ろうからの栄養剤注入の援助や
その他の医療的処置を行います。

また、ステーションの形態も様々ですが
最近は24時間で巡回を行うところも出てきまし
た。

 

しかし病院の夜勤とは少しイメージが異なり、
常に緊張を強いられるような患者管理ではなく、
夜間の定期巡回や、体調不良時の医療機関への
連絡や搬送支援などが主な業務
となります。

この様なサービスはケアマネージャーが
プランを作成しますが、訪問看護サービスを
依頼する時点で医療機関の医師から
看護師へきちんと指示が来ます。

 

そのため、患者さんを医療サービスに
つなぐときに連携に迷うことはありません。